徹底比較!オナクラで働くときはどの待機タイプが良いの?

徹底比較!オナクラで働くときはどの待機タイプが良いの?

基本的にオナクラ店に限らず風俗業でのお仕事では
お客様への接客中以外では”待機室”と呼ばれる部屋で
仕事を待つことになります。
待機所の形は様々ですが、大きく分けると
・自宅待機
・集団待機
・個室待機
の3種類が主となっていることが多いです。
風俗で初めて働く女性はどれがなんなのか良くわからないでしょう。
間違えなく、集団待機を避けた方が良いでしょう。
それはなぜなのか?簡単な説明も踏まえてご説明させていただきます。

自宅待機のメリット・デメリット

自宅待機とは自分の自宅で待機することです。
一部オナクラ店ではその店舗の寮に住んでいる子のみ認めている
などのルールがあるそうです。
自宅待機において、なによりのメリットは
自分の部屋で仕事を待つことが出来ることでしょうか。
使い慣れた空間で主となる時間を過ごせるので、
待機時間を無駄に使うことなく過ごすことが出来るでしょう。
デメリットとしては
自宅にいても仕事の事を考えてしまう、
レスポンスが非常に良くないと仕事が回ってこない、
オナクラ店のスタッフに自宅の鍵を渡しておかなければならない
などです。
自宅ではないですが、近隣の漫画喫茶やネットカフェなどで
待機することを認めているオナクラ店もあるみたいです。
その場合はブース代はお店負担なのか自分負担なのか
しっかりと確認しておきましょう。

集団待機のメリット・デメリット

集団待機とは、広めの部屋で
大人数の女性が同一空間で待機することです。
簡単な仕切りがパーテーションなどで造られている店舗もあるみたいです。
メリットとしては、暇な時に話し相手がいることくらいでしょうか?
これと言ってメリットは思いつきません。
イジワルな先輩だったり、
仕事のできない後輩、
ウワサなどのゴシップ話が大好きな一緒に働く女の子など
集団待機しかないオナクラ店での人間関係はかなり面倒です。
風俗の仕事と言うだけでかなり気を遣うのに、
更に人間関係にも気を遣わないといけないとなると
何倍も精神的に披露してしまいます。
また、仲良かった同僚が明日敵になっていることは
日常茶飯事です。
自分を守るためにもしっかりとした線引きは
常に意識しておかなければなりません。
自分のペースで働けて稼げる、
と言うのが風俗店で働く大きな魅力の一つのはずなのに。。

オナクラ店で個室待機のメリット・デメリット

個室待機とは文字通り1人1部屋の待機室があり、
他の同一オナクラ店で働く女性と一切関わる必要がありません。
メリットとしては出勤して、個室待機に入ってしまえば、
他の人からの視線は気にならなくなり、
精神的に疲れることなく
待機時間を自分の好きなことをする時間に充てることが出来ます。
なによりオナクラでのお仕事だけに集中して働くことができますので
稼げる環境を作り易いです。
デメリットとしては
寂しがりやな人や閉所恐怖症の人は
不快感を覚えてしまうことがある、くらいでしょう。

結局どの待機のタイプが良いの?

オナクラ店で働く一番の理由は
“お金を稼ぐため”
と考える方が大多数だと思います。
どこまで行っても働く際は自分最優先でないと
働いている意味がありません。
他の人と話せないと寂しい
みんなでわちゃわちゃしたい
そう考える女性は是非、集団待機のある風俗店で働いてください。
本当に稼ぎたいんだ!
余計なことを意識したくないんだ!
そう考える女性は是非、個室待機もしくは自宅待機のある風俗店で働いてください。